タイル目地にガラスクロスマットをクリスタル樹脂で積層し既存タイルと一体化した透明プラスティックを強化層を形成します。
補強脱気アンカーピンで駆体に固定しフッ素樹脂によって超対候性の外壁コーティングを施工、あらゆる剥離ムーブメントにも強靭で意匠性にも優れた工法です。(*)
剥離防止効果に加え、防水性、超対候性を有するガラスコート状び仕上がり面となります。(*)
コーナー等の役物もシームレスに施工が可能、建物の設計意図を損なうことなく透明な仕上げで原型を残しながら、外壁リフォームが可能です。

(*)B−1工法と同様

 

 
拡大画像をご覧になる場合は画像を
クリックしてください。(約224K)
 
     
 
クリスタルシステムフローチャートに戻ります。